• ホーム
  • 勃起の硬さを調べる方法について

勃起の硬さを調べる方法について

EDという言葉が広く浸透している現代、勃起について悩んでいる方も多いです。
勃起不全症をEDと思われていますが、予防の為に自身の硬さが気になったら病院に受診する事で服薬療法をせずに改善する可能性もあります。
自身で自分がEDなのかをチェックできる自己診断型のスケールでEHSというものがあります。

EHSはセルフチェックで自分がペニスの硬さを調べて評価できるツールであり、その信頼性は非常に高いと言われています。
スコアが設定されており、各スコアで日本語で状態を表現しています。
EHSでは5段階のグレードに分かれており、段階毎にわかりやすく果物で表現されており誰でも簡単に自己評価が可能です。
各グレードは0から4まであります。

グレード4が申し分ない硬さという事になり、果物でいうとりんごの硬さです。
その下のグレード3はグレープフルーツです。
りんごやグレープフルーツ程の硬さならセックス時の挿入に支障がないと言われています。
グレード2のみかん程の硬さから受診を検討する必要がある事になります。
勃起はするけど硬さがみかん程だと、セックス時の挿入に支障があると判断されています。
ちなみにグレード1はこんにゃく程の硬さでペニスは大きくなるけど硬くはならないというもので、グレード0は勃起しない事を指します。

アメリカで開発されたこの指標を2009年に日本語版で導入しました。
果物に例える事でよりセルフチェックが正確にでき、早期相談に結びついています。
受診した場合もEHSによる診断が行われ、スコアと問診によって治療方針を決めていきます。

勃起が弱くなったらお薬があるというイメージですが、若干良くなった程度なら服薬しなくても改善可能です。
早期でグレードも高い場合は、食事の提案や下半身の筋力向上トレーニングを提案されます。
実は勃起には下肢の筋力も大きく影響しており、鍛える事で勃起しやすく硬く改善する事が可能と言う事がわかっています。

日本人は外国人に比べてペニスが硬い?

男性なら自分のペニスの大きさと他人との違いを1度は考えた事があるでしょう。
特に日本人と外国人が比較すると、外国人の方が大きいという話も聞いた事があるはずです。
真意は定かではありませんがもう1つ同じ様な事で、外国人より日本人の方がペニスが硬いという事も聞き覚えがあるでしょう。
この疑問や関心は現代に始まった事ではなく、戦前の日本で軍人を対象に調査したデータが残っています。

軍人約45人を対象に調査した結果、ペニスの平均の長さは12,7cm、直径は3,66cmです。
当時は食事環境も整備されていなかった背景から、日本人は性器をはじめ身体的に小柄でした。
現代でもコンドームメーカーが調査を行っており、15cmが平均であると公表しています。
調査では口頭での自己申告によるものなので、信憑性はあまり高くはありません。
この様にペニスに関して昔から男性の関心を集めていると言えます。

外国のサイトでも世界のペニス平均を掲載しているサイトがあります。
その内容でも調査は口頭中心であり、日本人は13cm程が平均と掲載されています。
しかし女性からしたら大きさや長さよりも硬さが重要と言う声も非常に多くあります。

日本人の強みはペニスの大きさではなく硬さと言われており、これは自国のみではなく海外からもその様に評価されています。
様々な説があるのですが、研究により日本を含むアジア人はペニスが短小である傾向であると発表しています。

しかし日本人の硬さは世界トップクラスであり、大きくなる指標の膨張率でも世界トップクラスです。
この硬い理由は、血流が関係していると言われています。
日本人はペニスが割と短い傾向なので、その分ペニス全体に十分な血液が行き届くからペニスが硬いと結論付けられています。