• ホーム
  • 注意!早漏を助長する体位

注意!早漏を助長する体位

早漏で悩んでいる人はセックスの時の挿入に問題があるのかもしれません。
実際挿入時の体位には、早漏を助長する危険なものがいくつかあります。
そして逆に早漏の人でも長持ちできる体位もあるので、早漏で悩んでいる人は気を使ってみてはどうでしょうか。

最も早漏の人にとって危険とされている体位とされているのが実は正常位です。
最もポピュラーな体位である正常位がどうして危険なのかというと、正常位の場合は前傾姿勢になっています。
この前傾姿勢が交感神経を活発にさせ、射精を早めることになっているのです。
また、正常位はいかにも男性が女性を征服しているような気持になるのでより興奮します。
興奮することも射精感を増す大きな原因となっています。

騎乗位もできれば早漏の男性が避けるべき体位です。
騎乗位は正常位とは全く逆で女性側が攻める体位で、ほかの体位では味わうことが出来ない興奮を味わうことが出来ます。
特にどちらかといえば攻められるのが好きな男性にとってはこの上なく興奮する体位です。
射精感が高まるの理解できるのではないでしょうか。

更に騎乗位は女性が攻めるので男性側で射精をコントロールできません。
自分で動くことによって興奮し、動きを止めることが出来ない女性も多いでしょう。
すると早漏の男性の場合はあっという間に射精に達してしまう恐れが非常に高いです。
出来れば早漏の人は騎乗位をしないに越したことはありませんが、騎乗位することになった場合、危ないと思ったら女性の体を抱き寄せて女性が動くことを阻止しましょう。

一方、早漏の男性でも長持ちすることができる体位にはどのようなものがあるのでしょうか。
特に早漏の人におすすめできるのが「座位」です。
座位は女性が男性の上に乗るので騎乗位とよく似ていますが、男性も上体を起こしている点が騎乗位とは違います。
そして男性が両手で女性の体を抱え込む形になります。

座位がどうして長持ちするかというと、お互いに密着しているため腰の前後の動きが制限されます。
あまり腰を動かすことが出来ないので男性器にそれほど強烈な刺激を感じることはありません。
更に座位は抱き合って行う体位なので、相手からの愛情が感じられるので座位が好きな女性はとても多いです。
嫌がられることはほとんどないというのもおすすめ出来る理由の一つです。

パートナーとペニスを鍛えて早漏を改善!

セックスする際の挿入時の体位によって、早漏を誘発してしまうことはよくわかりました。
特に前傾姿勢を伴う正常位や、男性の興奮神経を刺激してしまう騎乗位などは避けるべき体位ということになりそうです。
腰を前後に激しく動かすことができない座位は射精するまでの時間を長持ちさせる効果があるので、早漏防止には役立ちます。

セックスの時にとる体位によって早漏の症状を緩和することがわかりましたが、このほかにも、早漏の症状を改善する方法があるのをご存知でしょうか?
ここでは、早漏によってパートナーとのセックスが存分に楽しめない人にお勧めする方法を紹介したいと思います。

早漏の大きな要因としては、ペニスへの刺激に過剰に反応をしてしまうというものがあります。
そこで、ペニスへの刺激に対して、射精をコントロールさせるトレーニングがあります。
多くのAV男優の方も行なっている「スタートストップ法」は有名ですが、その名の通り刺激を最大限まで高め、いきそうな寸前で刺激をストップさせるというものです。
快感の直前でまさにストップさせる方法はかなりストレスを伴うものとなりますが、訓練次第では絶大の効果を期待することができます。

早漏の症状を持つ人は、通常のオナニーの時間も短いことがわかっています。
オナニーを行うときも、刺激を与えつつ、射精直前で我慢するというトレーニングを繰り返し続けることが大切です。
地道な作業ですが、大切なパートナーとのセックスライフを楽しむためには非常に重要なこと言えますね。
男性パートナーが自分のオルガニズムに達する前に、射精してしまうのは女性にとっても大きなストレスを与えているということをしっかりと認識することも大切です。