• ホーム
  • EDの疑いがあればまずセルフチェックから!

EDの疑いがあればまずセルフチェックから!

自身がEDかもしれないと感じたら、まずはセルフチェックをしてみましょう。
30代以上の男性の人口割合で見ると、約30%が自覚ありという結果になっています。
セックスの失敗率が著しく低下する、勃起力が弱くて続かないなどの症状がある男性は注意しましょう。
生活習慣の乱れにより発生することが多いため、放置して自然に治ることは少ないです。
改善させるためには早期発見をし、早めに治療をすることが大切です。

セックスの成功率が著しく低下している場合も、EDの可能性があります。
心因性EDは突発的に発生しやすいですが、器質性EDは動脈硬化の進行によって発生することが多いです。
肥満・脂質異常症・糖尿病などを発症している方は、EDのリスクも高くなると考えてよいでしょう。
今はまだ発症をしていなくても、生活習慣病がある状態だと将来的に発症する確率は高いです。
血流が悪いと陰茎海綿体に安定した血液を送ることができなくなり、半立ちや中折れを引き起こしてしまいます。

セルフチェックとしてわかりやすい方法は半立ちと中折れで、ペニスの硬度が明らかに柔らかくなったと感じたときは注意です。
グレープフルーツ程度の硬さになると、快感もかなり減退してくるでしょう。
中折れは血流量が不安定になることで起こるため、健康診断で生活習慣病を指摘された方は注意してください。
性的刺激に対して快感が鈍くなった場合も、勃起不全が進行している可能性があります。
自覚した時点で対策をすることが早期改善させるポイントです。

性行為の快感は20代のころがピークで、その後は減退していくと言われています。
その理由は勃起力の減退にあり、半立ちに近づくにつれて快感も弱くなるわけです。
完全に立たなくなると挿入してもほとんど快感を得られなくなります。
性行為の快感が以前より弱くなった、射精感や量が減退した、などと感じたらEDを疑ってみましょう。
EDの問題点は自分だけでなくパートナーの満足感にも影響してしまうことです。

EDになることにより発生する問題点とは?

日本人でEDになる人の人口割合は高く色々な問題点が出てくるので、日頃からセルフチェックをする習慣が大事です。
普段勃起力が弱い症状がある人は早めに治療する必要があり、性的刺激に対して快感が鈍くなっている人はEDが進行している可能性が高いです。
今はまだ発症していなくても放置すると症状はどんどん悪化していきます。

EDになるとどのような問題点が懸念されるのかと言うと、一番大きいのは性行為ができないことです。
性欲があるのにも関わらず勃起できないEDの症状は男性にとってとても辛く、勃起しないと満足感のある射精はできません。
性欲を解消する際に最も感じる快感が射精なので、それがなくなるのは本当に悲しいです。

そして問題点はそれだけでなく、様々な場面に波及することになり、自分だけでなくパートナーも傷つけてしまいます。
EDであることをパートナーに告白するのは勇気がいるので多くの男性は隠しています。
そのため、性行為の時に勃起をしないと女性は自分に魅力がなくなったと勘違いすることが多いです。

EDは自身の満足感が得られなくなるだけでなく、女性に浮気を疑われる要因を作ることにもなりかねないので結果的にお互いの破滅を生むことも考えられます。
EDはパートナーとの関係を希薄にする厄介な症状で、場合によっては離婚にまで発展する可能性もあります。
このように人間関係を壊すこともあるので、EDの症状を少しでも感じているなら早急に改善することです。

ED治療薬は全ての人に効くかどうかはわかりませんが、性行為の数時間前に服用することで解消できる効果が期待できます。
効果が出なかった場合でも最近は色々な治療薬が販売されているので、改善する可能性は十分にあります。
EDになって勃起ができなくなると様々な問題点が出てくるので、できるだけ積極的に色々な方法で改善を試みるよう努力していきましょう。